特別展 開催予定

開館20周年記念

超絶技巧、未来へ! 明治工芸とそのDNA

2023年2月11日(土・祝)~ 4月9日(日)
本郷真也《Visible01 境界》2023年 鉄、赤銅、銀 稲崎栄利子《Euphoria》2023年 陶土、磁土、金彩、雲母銀 
大竹亮峯《月光》2020年 鹿角、神大欅、楓、榧、チタン合金 池田晃将《百千金字塔香合》2022年 漆、木曽檜、鮑貝、金  成瀬誠志《上絵金彩人物図花瓶》19世紀後期-20世紀前期 陶土、上絵、金彩 
左上から順に:1 本郷真也《Visible01 境界》2021年 金工 2 稲崎栄利子《Euphoria》2023年 陶磁 3 大竹亮峯《月光》2020年 木工 4 池田晃将《百千金字塔香合》2022年 漆工 5 成瀬誠志《上絵金彩人物図花瓶》19世紀後期  陶磁 *5のみ岐阜県現代陶芸美術館蔵

岐阜県現代陶芸美術館では開館20周年を記念し、「超絶技巧」シリーズの第3弾となる「超絶技巧、未来へ! 明治工芸とそのDNA」展を開催いたします。
金属、木、陶磁、漆、ガラスなど様々な素材により、新たな表現領域を探求する現代作家の新作を中心にご紹介いたします。さらに、これらの作家を刺激してやまない清水三年坂美術館蔵や個人蔵の明治工芸の逸品も併せて展示することで、進化し続ける超絶技巧の世界に迫ります。
孤独な環境の中で、自らに信じられないほどの負荷をかける鍛錬を日々実践している現代作家たちは、明治工芸のDNAを受け継ぎ超絶技巧の未来を担う存在となるでしょう。

出品作家(現代)
青木美歌[ガラス] 池田晃将[漆工] 稲崎栄利子[陶磁] 岩崎努[木彫] 大竹亮峯[木彫] 蝸牛あや[刺繍] 小坂学[ペーパー] 長谷川清吉[金工] 樋渡賢[漆工] 福田亨[木彫] 本郷真也[金工] 前原冬樹[木彫] 松本涼[木彫] 盛田亜耶[切り絵] 山口英紀[水墨画] 吉田泰一郎[金工] 彦十蒔絵 若宮隆志[漆工] *五十音順

概要

会場
岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
会期
2023年2月11日(土・祝)~ 4月9日(日)
休館日
月曜日
開館時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料

一般1,000円(900円)、大学生800円(700円)、高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*以下の手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証

主催
岐阜県現代陶芸美術館 
共催
中日新聞社
協力
清水三年坂美術館
企画協力
広瀬麻美(浅野研究所)
監修
山下裕二(明治学院大学教授)
プレスリリース
ダウンロード
関連催事

トークイベント「超絶技巧の未来」

超絶技巧展第3弾の開催にあたり、監修者の山下裕二先生と出品者の稲崎栄利子氏、長谷川清吉氏により、超絶技巧の未来の姿を探る鼎談

日時 2023年2月11日(土・祝)14:00〜15:30
出演 山下裕二氏(明治学院大学教授、本展監修者)、稲崎栄利子氏(陶芸作家、本展出品者)、長谷川清吉氏(金工作家、本展出品者)
会場 セラミックパークMINO 国際会議場
参加費 聴講無料(ただし観覧券半券が必要)

要事前申込(電話・フォーム)[受付開始:114日(土)10:00~ ]
電話 0572-28-3100  フォームはこちら

語りの会「樋口一葉 うもれ木」

1998年から樋口一葉作品のひとり芝居に取り組み、NHK朝の連続小説「花子とアン」「とと姉ちゃん」の山梨ことば指導を担当した女優 奥山眞佐子氏により、本展出品作の成瀬誠志と深く関わる一葉『うもれ木』を筝の生演奏と共に

日時 2023年3月4日(土)14:00〜15:30
出演 奥山眞佐子氏(女優)
会場 セラミックパークMINO 国際会議場
参加費 聴講無料(ただし観覧券半券が必要)

要事前申込(電話・フォーム)[受付開始:128日(土)10:00~ ]
申込み方法など詳しくはこちら

ワークショップ「切り絵体験」

日時 2023年3月18日(土)14:00〜15:30
出演 盛田亜耶氏(切り絵作家、本展出品者)
会場 岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
定員 20名
参加費 無料(ただし観覧券半券が必要)

要事前申込(電話)[受付開始:218日(土)10:00~ ]
電話 0572-28-3100

夕暮れミュージアム 美術館deインスタ映え!

展覧会場内で自由に撮影ができます。

日時 2023211日(土・祝)、18日(土)、25日(土)、34日(土) 各日16:30~18:00
参加費 無料(要観覧券、高校生以下無料)

事前申込不要
*他のお客様の迷惑とならないようお願いいたします

ギャラリートーク

日時 開催日時は後日お知らせいたします
参加費 無料(要観覧券、高校生以下無料)

事前申込不要

Pagetop