過去の展覧会|コレクション

取っ手に注目

器を持ち上げる、あるいは傾けるためにある形、取っ手。普段は脇役としてあまり目に留めることのない取っ手ですが、実は器の用途や形を決定する大事な要素でもあります。それに、人間の行動、生活の慣習、手の感覚、そして見た目に対する価値観といった複合的な要素の絡み合う、興味深い歴史を背負った形でもあるのです。
この展覧会は、上田順平の作品との出会いから始まりました。スタンダードな形の取っ手が、まるで持つことを拒否するように群がって、そのまま装飾と化しているカスタムオーナメントポット。この作品を中心に、様々な取っ手の形を比較しながら、それに添える手の形も想像してみたいと思います。

出品作品 ①上田順平 カスタムオーナメントポット
②スタンダード 田尻誠 柿釉共手土瓶 柿釉平底ポットなど
③アールヌーボー ローゼンブルフ ティーポット ビング・オー・グランデール
鷺のカップ&ソーサー
④モダンデザイン ユッタ・ジカ ティーポット ティーカップ
⑤森正洋 P型コーヒーセットなど15点前後
⑥取っ手を持ってみるコーナー(上田作品)

概要

会場
ギャラリーⅡ 展示室D
休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
開館時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
主催
岐阜県現代陶芸美術館
Pagetop