過去の展覧会|コレクション

中欧の現代陶芸 ―ハンガリーとチェコを中心に―

2007年12月8日(土)~2008年3月28日(金)

 いわゆる東西冷戦終結という体制転換から20年近くが過ぎようとしています。1989年、ドイツというひとつの国を分断していたベルリンの壁が崩壊し、旧東欧諸国と呼ばれた他の国々でも一斉に社会主義体制が崩壊したのです。冷戦は終わりを迎え、資本主義と民主主義という名の新体制が広くヨーロッパを覆ったのです。現在では体制変換した国の多くがEU加盟も果たしました。これらの国の中で、第二次世界大戦後「強制的に」ロシア(当時のソビエト連邦)の影響下におかれ、1989年以降体制を変換したヨーロッパ中央部に位置する国々、とりわけポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキアは、現在では中欧と呼ばれています。

過去の体制下における中欧の陶芸家は制作する主題に制限が設けられていましたが、一方でその身分は保障されていました。しかし新体制は全てを自由にしてしまったため、身分保障もなくなり、格差社会が生まれてしまいました。かの国の陶芸家はこのような状況のなかで、社会に対する強いメッセージを込めた作品を制作する者や、器を基本とした新たな展開の仕事を見せる者など、活動の幅を広げながら自らの立ち位置を見つけようとしています。2005年、そのような激動の時代を生きる中欧のアーティストの作品を紹介するための展覧会が日本でも開催されましたが、そこに展示されていたのは現代美術の作品で陶芸作品は見られませんでした。実際には、チェコでは早い時期に国際現代陶芸シンポジウムが開催され、ハンガリーではジョルナイやヘレンドといった歴史ある陶磁器工房を抱えていたにもかかわらず、これらの国の陶芸作品がまとめて日本で紹介されることはなかったのです。
本展では、中欧と呼ばれる国の中でも当館が所蔵するハンガリーとチェコ作家による現代陶芸作品、さらに20世紀初頭までそれらの国と一国を成していたオーストリア及びドイツの現代陶芸作品を展示します。これまで私たちにとって遠い国であったチェコやハンガリーの陶芸作品を通して、日本と中欧の共通点や相違点を見いだし、相互に理解を深め、共生する未来を探る契機になれば幸いです。

概要

会場
岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
会期
2007年12月8日(土)~2008年3月28日(金)
休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
開館時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料

個人         一般 320円、大学生 210円
団体(20名以上)  一般 260円、大学生 160円
*高校生以下無料

主催
岐阜県現代陶芸美術館
関連企画

講演会 「ハンガリー・ケチケーメート国際陶芸スタジオ滞在日記」*終了しました

講師:松本ヒデオ (京都精華大学教授)
日時:12月8日(土)午後1時30分~3時
場所:岐阜県現代陶芸美術館プロジェクトルーム

座談会 「マグカップシンポジウム2007に参加して―チェコと日本の陶芸と日常―」*終了しました

パネリスト      :宇賀和子 (陶芸家)、正守千絵(陶芸家)、吉川千香子(陶芸家)
コーディネーター :岩井美恵子(岐阜県現代陶芸美術館学芸員)
日時         :12月15日(土)午後1時30分~3時
場所         :セラミックパークMINOイベントホール

講演会 「世紀末ハンガリーにおけるカフェ文化と芸術家たち」*終了しました

講師:早稲田みか (大阪大学世界言語研究センター教授)
日時:3月8日(土)午後1時30分~3時
場所:セラミックパークMINOイベントホール


*いずれも聴講は無料ですが展覧会観覧には別途観覧料が必要となります。

ギャラリートーク

ボランティアスタッフによるギャラリーツアー*終了しました

会期中毎週日曜日の午後3時より当館ボランティアスタッフによるギャラリーツアーを行います。

Pagetop