過去の展覧会|コレクション

令和改元記念事業 コレクション展

2019年12月21日(土)~2020年4月3日(金)
変更前 2019年12月21日(土)~2020年5月10日(日)  
*会期中、一部展示替えがあります

題名のない展覧会―Give Me a Name!

美術館は、作品と直に向き合うことができる場所です。目の前にある作品と向き合い、その表現を通じて作品や作家と語り合ってもらいたい。このような思いから、本展覧会ではひとつの試みとして、展示作品から作品名や解説を付したキャプションを離して展示します。 作品の題名を想像しながら、それぞれの感じ方で、様々に思いを巡らし、作品そして作家との対話をお楽しみください。「作家はこの作品にどんな思いを込めたのだろう」「どうしてこの表現に至ったのだろう」など、じっくりと心ゆくまで表現を味わっていただければ幸いです。

 

コレクション・ハイライト

当館は、美濃焼の産地として長い歴史をもつこの地に2002年10月開館しました。以来、「陶芸の現代」をテーマに国内外の19世紀末以降を対象に、近現代の作品収集を続けています。コレクションは、「個人作家の陶芸作品」、実生活のなかで用いるためのものとして、作家が手作りで廉価に少量生産する器(実用陶磁器)、アール・ヌーヴォーやバウハウスなどのモダンデザインの系譜のものや世界の名窯など、量産を想定しながらデザイン性や芸術性を追求する陶磁器としての「産業陶磁器」の3本の柱に沿って収集を続けています。
この展示室では、このような当館のコレクションの特徴を示す代表的な作品をご紹介します。

 

新収蔵作品展

平成30(2018)年度に当館が収集した作品(購入13点、寄贈18点、寄託2点)より紹介します。

概要

会場
岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ  題名のない展覧会―Give Me a Name! A室 / コレクション・ハイライト B室 / 新収蔵作品展 C・D室
会期
*終了しました
2019年12月21日(土)~2020年4月3日(金)
変更前 2019年12月21日(土)~2020年5月10日(日)  
*会期中、一部展示替えがあります
休館日
月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日。4月27日は開館)、12月29日(日)~1月3 日(金)
開館時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料

一般340円(280円) 大学生220円(160円) 高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料

主催
岐阜県現代陶芸美術館
同時開催

小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ*終了しました

岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
2019年12月21日(土)~2020年2月16日(日)

記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ*終了しました

岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
2020年2月27日(木)~2020年4月12日(日) 4月3日(金)

関連企画

MoMCA(もむか)やわらかアート・ツアー*終了しました

感想を語り合ったり、いつもとはちょっと違う視点から眺めてみたり…
こどもも大人も楽しめる、やわらかい鑑賞ツアーです。

日時 2020年1月12日(日)、3月22日(日)、4月5日(日) 各日14:00-14:30
会場 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
参加費 無料、要観覧券(高校生以下無料)
Pagetop