過去の展覧会|コレクション

カタチが切る -日本の現代陶芸-

2004年4月3日(土)~5月16日(日)

八木一夫 ≪頁1≫   1971年

八木一夫
≪頁1≫   1971年

山田 光 ≪切った壺≫   1953年

山田 光
≪切った壺≫   1953年

平成16年度最初の企画展示として、「カタチが切る~日本の現代陶芸~」展を開催します。
この展覧会は、既存の枠にとらわれず、多様に展開した日本の現代陶芸の自由な造形美に着目し、あたかもそのカタチが、空間を切り取るかのごとき様相を当館のコレクションにて紹介するものです。
焼き物鑑賞の魅力の一つは、土素材ならではの味わいが醸し出されるところにあると考えますが、現代陶芸作品を前にするとき、さらに多くのさまざまな表情をみてとることができます。
そして、どんな土を使った作品でも、どんな釉薬をかけた作品でも、どんな模様を施し焼成した作品でも、その空間の中で凛然と、生まれ出た“カタチ”を持ってそこに在るのです。
立ち上がる土の輪郭線…面と面が生み出すカタチの際…空間とカタチとの境界が生み出すドラマティックな表情…その美しさに出会うことを今回、鑑賞の切り口としてみました。

■展示構成 : ①うつわが/を切る②構成が切る③土が切る④心象が切る⑤もようが切る⑥いろが切る

■出品作品 : 出品総点数 47点

富本憲吉、十一代三輪休雪、八木一夫、河本五郎、熊倉順吉、藤平伸、山田光、鈴木治、
加守田章二、森野泰明、金子潤、武田武人、加藤幸兵衛、星野暁、小川待子、三輪栄造、
木村芳郎、深見陶治、板橋廣美、杉浦康益、樂吉左衛門、中島晴美、秋山陽、兼田昌尚、
滝口和男、清水六兵衛、北村純子、柴田眞理子、重松あゆみ、田嶋悦子、加藤委、
斎藤敏寿、森野彰人(33名)

概要

会場
岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
会期
*終了しました
2004年4月3日(土)~5月16日(日)
休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
開館時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料

一般 320円 (260円)、大学生 210円 (160円)、小中高生無料
*(   )内は20名以上の団体料金

*この料金で、ギャラリーⅡにて展示中の「荒川豊蔵展」 「世界の名窯展」 「白い大地に生まれた形」もご覧いただけます。

なお、「愛知万博入場券」および「花フェスタ2005入場券」をお持ちの方は、美術館受付でご提示頂きますと、団体料金でご観覧頂けます。

主催
岐阜県現代陶芸美術館
Pagetop