施設概要セラミックパークMINOEnglish
お問い合わせ









 新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、
開幕を延期させていただきます。
 再開の予定につきましては、当館ホームページにて、あらためてお知らせいたします。

 ルート・ブリュック 蝶の軌跡
 
左上から時計回りに  《ライオンに化けたロバ》 1957年、《スイスタモ》 1969年、 《蝶たち》 1957年、《木》 1978-1980年、《ヴェネチアの宮殿:リアルト橋》 1953年、《結婚式》 (部分) 1944年 すべてタピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA - Espoo Museum of Modern Art ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

 フィンランドを代表する芸術家、ルート・ブリュック。名窯アラビアの専属アーティストとして長年にわたり活動し、20世紀半ばに世界を魅了した、北欧デザイン・工芸ブームの一翼を担いました。初期には、幼き日の想い出や日常の様々な光景を陶板に表し、そのノスタルジックな描写や艶やかな釉薬の表現が注目を集めます。次第に作品は幾何形体へと移行していき、モティーフも自然などのより広大なものへの変化がみられました。後期になると、タイルを集積させて大画面を構成するスタイルが確立され、それらは市役所や銀行など公共空間をも彩っていきます。
 本展は陶器、テキスタイル、版画などおよそ200点の作品を通じて、ブリュックの創作の軌跡をたどる、日本で初めての回顧展です。工芸やデザインといったジャンルに縛られることなく、自由な発想と豊かな色彩感覚で独自の世界を生みだし続けたブリュック。日々の暮らしに向けられた温かな眼差しや、ダイナミックな作風の変遷をお楽しみください。

■会 場 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
■会 期 2020年4月25日(日)~7月5日(日) ※開幕日未定。
■休館日 月曜日(ただし、4月27日、5月4日は開館)、5月7日 
■開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
■観覧料 一般900円(800円)、大学生700円(600円)、高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*以下の手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
  身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証
■主 催 岐阜県現代陶芸美術館
■共 催 中日新聞社
■後 援 フィンランド大使館、フィンランドセンター
■協 力 有限会社スコープ
■企画制作 エスポー近代美術館、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団、ブルーシープ
■同時開催 コレクション展 5月19日(火)~7月5日(日)
北欧の陶芸/コレクション・ハイライト/「国際陶磁器フェスティバル美濃」グランプリ作品展
   
■ギャラリートーク 当館学芸員による展示解説  ※中止いたします
2020年5月17日(日)、6月7日(日)、6月28日(日) 各回14:00-15:00
*要観覧券、事前申込不要
   
■展覧会公式ウェブサイト rutbryk.jp 



   
サイト利用についてサイトマップ組織概要(倫理憲章)刊行物 © Museum of Modern Ceramic Art, Gifu. All Rights Reserved.