ワークショップ&講演会 「体験!発見!!鉱物のふしぎな世界」 開催のお知らせ

「体験!発見!!鉱物のふしぎな世界」
宮脇律郎(国立科学博物館 地学研究部長)
8月5日(土)14:00‐15:30     

セラミックパークMINO 国際会議場
定員30名/組(対象小学生高学年以上・保護者同伴可。
ただし、保護者同伴の場合は小学生低学年より参加可。)
参加無料
要事前予約 
*7月15日(土)より申込受付開始!!
お電話(0572-28-3100)にてお申し込みください。
 
地球の表面を覆い、陶磁器の原料にもなっている鉱物。
およそ5200種類あるといわれる鉱物について、その不思議な世界を
講義や実験をとおして紹介します。
※親子で参加でき、実験で使った鉱物は持ち帰りいただけます。
     
宮脇律郎(みやわきりつろう)
1959年岐阜県生まれ。1978年岐阜県立加納高等学校卒業。1987年筑波大学大学院博士課程化学研究科修了(理学博士)。名古屋工業技術研究所セラミックス応用部を経て、1996年国立科学博物館地学研究部へ。地球という雑多な「るつぼ」で作られた鉱物という多様な物質をミクロの視点から眺めている。そこで原子はどのように化学結合を保つのか、その規則性を調べて、鉱物の生成過程を理解し、新材料の
開発に反映させようと、目論んでいる。


Copyright Museum of Modern Ceramic Art Gifu All Rights Reserved