施設概要セラミックパークMINOEnglish
お問い合わせ








 
お茶の時間 
図版=左上から時計回りに 森正洋 《M型シリーズ》 1973年(デザイン)、ルーシー・リー/ハンス・コパー 《ティー・サーヴィス》 1950年代、アンガス・サティ 《カップとスタンド》 1988年、アラビア 《ティーマ》 1981年(デザイン)、勝間田千恵子 《コーヒーサービスセット》 1992年(デザイン)、安食ひろ 《塩釉盌 平成婆沙羅》 2001年、マイセン 《花飾カップ&ソーサー》 19世紀後半 全て岐阜県現代陶芸美術館蔵
 「ちょっと、お茶にしようか」―
 ひと息つきたいとき、おしゃべりのお供に、いつの時代も人々はお茶の時間をもっていました。その時間の傍らに、ときには中心にあって、欠かすことができないのがお茶の器です。本展覧会は、岐阜県現代陶芸美術館が所蔵する茶器、ティーセット、コーヒーセットを中心に、お茶の時間に纏(まつ)わるうつわを紹介するものです。
 西洋の名窯が手掛けた華麗なコーヒーセットから、モダンな生活を体現したかのようなスマートなカップ&ソーサー、凛とした佇まいの茶碗や一人のためのマグカップ。それぞれのうつわは、様々な文化や思いのなかにかたちづくられ、手に取られ使われる時間のなかでさらなる物語を紡ぎます。本展では、お茶の時間を取り巻く文化に注目し、うつわが織りなす時間や空間にも視点をおきます。
 うつわがまとう人々の生活の時間、憩いや集いの時間に思いを馳せながら、ほっとひと息、お茶にする気分で、個性ゆたかな作品の数々をお楽しみください。

■会 場 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
■会 期 2017年11月11日(土)~ 2018年3月25日(日)
■休館日 月曜日(ただし1月8日は開館)、12月29日~2018年1月3日、1月9日
■開館時間 午前10時~午後6時 (入館は午後5時30分 まで)
■観覧料  一般330 円(270円) 大学生220 円(160円) 高校生以下無料
 *( )内は20名以上の団体料金
 *障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
■主 催 岐阜県現代陶芸美術館
■同時開催 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
「1964 証言―現代国際陶芸展の衝撃」 2017年11月3日(金・祝)~2018年1月28日(日)
「コレクション× キュレーター」 2018年2月10日(土)~ 4月8日(日)
■関連企画 「出張美術館× ブックトーク お茶の時間」
 日 時 : 2018年3月3日(土)14:00-15:00 
 会 場 : ヤマカまなびパーク1F サンルーム
 美術館学芸員と図書館司書が、作品や展覧会の魅力について関連する書籍を通じて紹介します。
 *参加無料・事前申込不要
■ギャラリートーク 学芸員によるギャラリートーク
2017年11月26日(日)
2018年1月28日(日)、2月25日(日)、3月25日(日)
各回15:00-
*展覧会観覧券が必要です。



サイト利用についてサイトマップ組織概要(倫理憲章)刊行物 © Museum of Modern Ceramic Art, Gifu. All Rights Reserved.