施設概要セラミックパークMINOEnglish
お問い合わせ








  
  
没後50年記念

 加藤土師萌展 
色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン


左上から時計回りに 《月下弾琴之図赤絵大皿》 1943年 東京国立博物館蔵、《指描澤瀉文大皿》 1936年 岐阜県セラミックス研究所蔵、《瑠璃指描河豚文耳付花瓶》 1936年頃 岐阜県セラミックス研究所、《色絵染付金襴手迎春花文喰籠》 1967年 個人蔵、《磁器瑞鳳香爐》 1933年 個人蔵、《萌葱金襴手丸筥》 1958年 東京国立近代美術館、《スケッチ(宣徳年製遊魚紋青華洗)》 1935年 個人蔵、《スケッチ(均窯鶴首壺)》 1957年 個人蔵
 
 加藤土師萌(かとうはじめ・1900-68)は、富本憲吉と並んで色絵磁器の陶芸家として広く知られています。1900年、愛知県瀬戸に生まれて地元で図案を学んだ後、多治見の岐阜県陶磁器試験場に迎えられ、さらには横浜の日吉に窯を築き、陶芸家として独立しました。1955年には東京芸術大学教授となって教鞭を執るかたわら、苦心の末に中国色絵磁器のなかでも最も難しいとされた「黄地紅彩」や「萌葱金襴手」などを再現し、1961年に色絵磁器で人間国宝に認定されています。晩年、皇居新宮殿におさめる萌葱金襴手菊文蓋付大飾壺の制作に没頭し、完成間近の1968年に他界しました。
 本展覧会は、加藤土師萌の没後50年を記念し、初期の岐阜県陶磁器試験場で制作された作品をはじめ、その後の横浜時代に手掛けられた多彩な技法による作品、海外を訪れた際の街並みや陶磁器を描いたスケッチなどによって、幅広い創作活動を紹介します。

■会 場 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ、ギャラリーⅡ
■会 期 2018年9月8日(土)~11月4 日(日)
■休館日 月曜日(ただし、9月17日、24日、10月8日は開館)、9月18日(火)、10月9日(火)
*加藤土師萌命日の9月25日(火)は特別開館
■開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
■観覧料 一般900円(800円) 大学生700円(600円) 高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
*11月3日(土・祝)文化の日は観覧無料
■主 催 岐阜県現代陶芸美術館
■協 賛 加藤智子氏
■特別協力 東京国立近代美術館
■企画協力 神奈川新聞社
■助 成 公益財団法人 とうしん地域振興協力基金
     
■関連企画 記念講演 「試験場と加藤土師萌」 
日 時 : 2018年9月23日(日) 14:00-15:30
出 演 : 加藤孝造氏(陶芸家・重要無形文化財「瀬戸黒」保持者)
会 場 : 岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
定 員 : 50名
*聴講無料、要事前申込(電話・メール)[受付開始日:8月25日(土)]
詳しくはこちら≫加藤孝造氏講演会 「試験場と加藤土師萌」

ワークショップ 加藤土師萌の器で楽しむ煎茶

日 時 : 2018年9月24日(月・祝) 14:00-15:30
席 主 : 加藤景友氏(煎茶道薫風流家元)
会 場 : セラミックパークMINO 茶室
定 員 : 20名
参加費 : 500円
*要事前申込(電話)[受付開始日:9月8日(土)]

ワークショップ 精炻器をつくろう!
日 時 : 2018年10月21日(日) 14:00-16:00
指 導 : 精炻器研究会
会 場 : 岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
定 員 : 20名
参加費 : 500円
*要事前申込(電話)[受付開始日:9月29日(土)]

【講演会・ワークショップ申込方法】
電話(0572-28-3100)
メール(momca2018event@gmail.com)
※以下の事項をお知らせください
 ①催事名 ②参加者名(複数名可) ③代表者の氏名、電話番号、住所 
                   
8mmフィルム&スライド鑑賞
加藤土師萌が海外等で撮影した映像を当館担当学芸員が解説
日 時 : 2018年10月27日(土) 14:00-15:30
会 場 : 岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
*参加無料、事前申込不要

■ギャラリートーク  担当学芸員による展示解説
2018年9月16日(日)、10月20日(土) 各回14:00-15:00
*要観覧券、事前申込不要




サイト利用についてサイトマップ組織概要(倫理憲章)刊行物 © Museum of Modern Ceramic Art, Gifu. All Rights Reserved.