施設概要セラミックパークMINOEnglish
お問い合わせ








 

 開館15周年記念 開催予告
 有田焼創業四〇〇年記念
 明治有田 超絶の美 万国博覧会の時代


図版=左上から時計回りに 精磁会社 《色絵鳳凰花唐草文透彫大香炉》 1879(明治12)年~ 1897(明治30)年頃 個人蔵、 《染付蒔絵富士山御所車文大花瓶》 1873(明治6)年 有田ポーセリンパーク 蔵、 香蘭社(辻勝蔵) 《 色絵菊花流水文透台付大花瓶(対)》 1876(明治9)年頃 個人蔵、 香蘭社(辻勝蔵) 《金彩雲透彫天女陽刻三足壺》 1878(明治11)年頃 個人蔵、 香蘭社 《 色絵有職文耳付大壺》 1875(明治8)年~1880年代 個人蔵、 香蘭社 《 色絵獅子牡丹文大皿》 1875(明治8)年 個人蔵 写真提供: 世界文化社   
 江戸時代初期、日本で初めて磁器の焼成に成功した有田では、国内外に向けて品格のある華やかな製品が数多くつくられました。それらはヨーロッパ各国の王侯貴族を虜にするとともに、西洋磁器にも多大なる影響を与えていきます。
 明治時代に入ると日本の陶磁器は、前代からの伝統を受け継ぎながら政府による殖産興業政策のもと、西洋技術の導入や意匠改良などをおこなうことで転換期を迎えます。そうしたなか、絢爛豪華でありながらも先進性を備えた有田磁器は、1873(明治6)年のウィーン万国博覧会をはじめ、世界各国で開催された博覧会を舞台に躍進し、高い評価を受けました。
 有田焼創業400 年を記念した本展では、明治時代の同地を牽引した香蘭社や精磁会社を中心に、万国博覧会の出品作品やそれらの元となった図案などをご紹介いたします。
 躍動する時代の中で生まれ、世界を魅了した華麗なる作品の数々を通じて、明治有田の超絶の美をご堪能ください。

■会 場 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
■会 期 2017年7月1日(土)~8月27日(日)
■休館日 月曜日(ただし7月17日は開館)、7月18日
■開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
■観覧料 一般800円(700円)、大学生600円(500円)、高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
■主 催 岐阜県現代陶芸美術館
■共 催 中日新聞社
■後 援  佐賀県、有田町
■特別協力 世界文化社 
■協 力 有田ポーセリンパーク、香蘭社、佐賀県立九州陶磁文化館 
■展示協力 江上料理学院 
■同時開催 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
「岐阜県青少年美術展」  2017年7月15日(土)~7月23日(日)
「大地のこどもたち 2017」 2017年8月5日(土)~8月27日(日)


■関連企画 特別ギャラリートーク
 鈴田由紀夫氏(佐賀県立九州陶磁文化館館長・本展監修者)

  日  時 : 2017年7月1日(土) 10:30~11:30 
  会  場 : 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
  *展覧会観覧券が必要です。


記念対談「香蘭社 VS 精磁会社 ここがすごい!明治有田の超絶」

 鈴田由紀夫氏 (佐賀県立九州陶磁文化館館長・本展監修者)
    ×

 森谷美保氏 (美術史家・本展コーディネーター)
  日  時 : 2017年7月1日(土) 14:00~15:30 
  会  場 : 岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム

■ギャラリートーク ギャラリートーク 当館学芸員による展示解説
  日  時 : 2017年7月 2日(日) 各日14:00 -15:00 
              7月30日(日) 
               8月27日(日)

  *展覧会観覧券が必要です。







サイト利用についてサイトマップ組織概要(倫理憲章)刊行物 © Museum of Modern Ceramic Art, Gifu. All Rights Reserved.