施設概要セラミックパークMINOEnglish
お問い合わせ









  コレクション展 明治150年記念 2 
 近現代の美濃陶芸 古典復興からの展開

左上から時計回りに 荒川豊蔵 《絵志野茶碗》 1965年、加藤土師萌 《黄地紅彩蜂葡萄文角皿》 1954年頃、加藤卓男 《藍彩四方花器》 1993年、
加藤孝造 《瀬戸黒茶碗》 2002年、鈴木藏 《志野大皿》 2004年、
五代 加藤幸兵衛 《萌黄金彩水指》 1960年以降、 すべて岐阜県現代陶芸美術館蔵

 岐阜県東濃地方は桃山期に志野や織部を生み出し、現代では国内外で有数の陶磁器産地として知られるとともに、陶芸文化の進展に寄与しています。当館では、近代に入った明治期以降の美濃陶芸の歩みを、コレクションに基づいて、2回にわたって紹介します。第1回は、明治期における釉下彩などの革新に注目した展示を行いました。本展覧会はその第2回として、昭和初期以降の古典復興に基づく多彩な展開を辿るものです。
 この潮流を初めにリードしたのは、明治期後半生まれの陶芸家たちでした。昭和の初めに荒川豊蔵をはじめとする作家たちが、美濃の桃山陶を復興し、それを拠り所としながら優れた作品を生み出しました。また五代加藤幸兵衛と加藤土師萌は、日本と中国などの古陶磁に学びながら、幅広い創作活動を示しました。大正生まれ、昭和前半生まれの世代においても、多くの作家が伝統を踏まえながら、それぞれに探求を進めてきました。本展覧会では、美濃陶芸のこのような潮流の豊かな成果を紹介いたします。

 平成30年度には全国で、明治以降の歩みを次世代に遺し、明治期の精神に学ぶ「明治150年記念」事業が展開されています。岐阜県では「ふるさと岐阜 近代文化・芸術と中山道」というテーマで、岐阜県ゆかりの偉人たちが日本の近代化に貢献した足跡を辿り、顕彰してきました。本展覧会はその一部をなすものです。

■会 場 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
■会 期 2019年3月9日(土)~2019年7月21日(日)
■休館日 月曜日(ただし4月29日、5月6日、7月15日は開館) 5月7日(火)、7月16日(火)
■開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
■観覧料 一般330円(270円) 大学生220円(160円) 高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
■主 催 岐阜県現代陶芸美術館
■同時開催 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ 11
「受贈記念 コレクション展 加藤孝造 作品展示」 
201939日(土)~2019721日(日)
岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
「受贈記念 コレクション展 熊倉順吉展」 2019年4月13日(土)~2019年7月21日(日)
     
■関連企画 講演会 「近現代の美濃陶芸―写しから創作へ」  ※終了いたしました
日 時 : 2019年3月10日(日) 14:00-15:30
講 師 : 唐澤昌宏氏 (東京国立近代美術館工芸課長)
会 場 : 岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
*聴講無料・事前申込不要

講演会 「美濃桃山陶の成立」 ※終了いたしました
日 時 : 2019年3月23日(土) 14:00-15:30
講 師 : 藤澤良祐氏 (愛知学院大学文学部教授)
会 場 : 岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
*聴講無料・事前申込不要
■ギャラリートーク  当館学芸員による展示解説
2019年3月17日(日)、4月21日(日)、5月19日(日)、6月16日(日)、7月14日(日)
各回14:00-14:30

*要観覧券、事前申込不要


サイト利用についてサイトマップ組織概要(倫理憲章)刊行物 © Museum of Modern Ceramic Art, Gifu. All Rights Reserved.