お知らせ

作家の近況情報

  • 20220127095308021

    そばちょく vol.2 のご案内

    8人の作家が作る200点あまりの蕎麦猪口。 自分好みの蕎麦猪口に遇いに来てください。   出品作家 河内啓・榛澤宏・田中太郎・丹羽一尊 井上健太・中川夕花里・呂雪韻・杉山亜花莉   日時:2022年0 [ …続きを読む ]

    2022/1/27
  • 20220114114022205-1

    X年後展vol.6のご案内 

    多治見市陶磁器意匠研究所修了生第56期の陶芸家8名による展示を開催します。 食器を中心に、酒器、花器、茶器、オブジェ、アクセサリーなど様々な作風のアイテムが並びます。 ぜひ、ご高覧ください。   【出品作家】  [ …続きを読む ]

    2022/1/14
  • 20220112120142215-1

    企画展 鈴木 藏 美の世界のご案内

    鈴木先生が蒐集したコレクションの中から、書軸、陶磁器に加え、最新作を展示し、 60年余におよぶ制作活動の源流を探ります。   日時:2022年02月01日(火)~2022年04月17日(日)    9:00~1 [ …続きを読む ]

    2022/1/12
  • 20211221134745221

    志野 林 友加展のご案内

    桃山陶に憧れ志野の制作を始めた林友加先生の個展が、 ジェイアール名古屋タカシマヤで行われます。 ご高覧いただけましたら、幸いです。 よろしくお願い申しあげます。    日時:2022年01月02日(日)~01月11日(火 [ …続きを読む ]

    2021/12/21
  • 20211216153317519-2

    やきものの現在のご案内

    牛田コレクションとして収蔵している作品を中心に、18名の作家による展覧会を開催いたします。 是非、ご高覧ください。   日時:2021年12月25日(土)~2022年2月13日(日)    10:00~18:0 [ …続きを読む ]

    2021/12/16
  • 新春さかづき展

    新春さかづき展のご案内

    東海地方で活躍する17名の作家による盃の展覧会です。 個性が光る盃・ぐい呑みが勢ぞろい。 注器も並びます。是非ご高覧ください。   日時:2022年1月7日(金)~1月30日(日)    10:00~17:00 [ …続きを読む ]

    2021/12/14
  • アイキャッチ画像

    美濃陶芸6人の人間国宝展のご案内

    東濃信用金庫創業100周年記念事業として、特別企画展「美濃陶芸 人間国宝展」を開催いたします。 美濃にかかわりのある重要無形文化財保持者(人間国宝)6人の作品を2022年1年をかけてご紹介いたします。 美濃陶芸作品永年保 [ …続きを読む ]

    2021/12/8
  • 画像がありません

    四時友遊 人間国宝 鈴木 藏 展のご案内

    この美濃の地で桃⼭期のわずかな間に華開いた「志野」。 新しい志野の世界を開拓してきた鈴⽊藏⽒の個展です。   鈴木 藏先生は、作陶を始めて約70年。 これまで茶碗、花器、うつわなどの茶陶を柱に、⼒強さと熱のこも [ …続きを読む ]

    2021/12/7
  • 土器と須恵器

    土器と須恵器のご案内 青木 益枝・小栗 寿賀子

    土器は野焼き製法、須恵器は薪窯製法どちらも土が炎に包まれ偶然が支配する 神秘的な自然の世界を人の手によって作り出す製法。 青木さん小栗さんのお二人は今回、アート的な観点から人類のルーツとも言える 時代の器を見つめ、今を生 [ …続きを読む ]

    2021/11/24
  • 20211118112919009

    林 恭助展のご案内

    林 恭助先生は、美濃桃山陶の「黄瀬戸」を中心に魅力的な陶芸作品を制作するかたわら、 2001年に「曜変天目」の再現に成功されました。 日本の陶芸界のみならず、世界中から高く評価される先生の今回の個展は、 新しい試みとして [ …続きを読む ]

    2021/11/18

美濃陶芸作家展とは

美濃にゆかりのある陶芸作家とその作品を紹介し、陶芸を観る楽しみ、
直に触れる喜び、そして手に入れる期待に胸ふくらませる「陶芸作家展」。

2006年に始まった本催事は、焼きものによる創作の可能性を求めて、
焼きものの一大生産地“セラミックバレー美濃”に全国から集まり、
活動するつくり手の作品を紹介してきました。

現在この地では、重要無形文化財保持者から新進気鋭の若手陶芸家まで、
幅広い年代と多様な作風の陶芸家が活躍し、陶芸を目指す全国の若者に
大きな刺激を与えています。

焼きものに関する人とモノが絶えず交わり、新たな風を呼び込むこの地では、
焼きものの世界で挑戦し続ける作家とともに、陶芸の可能性は、
さらに大きく広がっています。

受け継がれてきた伝統と革新が融合する美濃でしか成し得ない匠の逸品を
会場にてご覧ください。

開催概要

タイトル 美濃 陶芸作家展2022
会期 2022年5月2日(月)~5月4日(水.祝)
時間 午前10:00 ~ 午後5:00
最終日は、午後4:00まで
場所 セラミックパークMINO 〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5
入場料 前売料金300円、当日料金500円
SNS登録割引 当日料金300円
※高校生以下無料
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方、および付き添いの方(1名まで)無料

※予約方法等詳細はチケット情報をご覧ください。
企画内容 ・陶芸作家作品 展示販売
・酒器の展示
・作陶実演上映会(予定)
・お茶席    など
主催 公益財団法人セラミックパーク美濃
共催 中日新聞社(予定)
後援 公益社団法人美濃陶芸協会・美濃焼伝統工芸士会(予定)
協力 多治見市茶華道連盟・国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会
PAGE TOP