お知らせ

作家の近況情報

  • アイキャッチ画像

    美濃陶芸6人の人間国宝展のご案内

    東濃信用金庫創業100周年記念事業として、特別企画展「美濃陶芸 人間国宝展」を開催いたします。 美濃にかかわりのある重要無形文化財保持者(人間国宝)6人の作品を2022年1年をかけてご紹介いたします。 美濃陶芸作品永年保 [ …続きを読む ]

    2021/12/8
  • 画像がありません

    四時友遊 人間国宝 鈴木 藏 展のご案内

    この美濃の地で桃⼭期のわずかな間に華開いた「志野」。 新しい志野の世界を開拓してきた鈴⽊藏⽒の個展です。   鈴木 藏先生は、作陶を始めて約70年。 これまで茶碗、花器、うつわなどの茶陶を柱に、⼒強さと熱のこも [ …続きを読む ]

    2021/12/7
  • 土器と須恵器

    土器と須恵器のご案内 青木 益枝・小栗 寿賀子

    土器は野焼き製法、須恵器は薪窯製法どちらも土が炎に包まれ偶然が支配する 神秘的な自然の世界を人の手によって作り出す製法。 青木さん小栗さんのお二人は今回、アート的な観点から人類のルーツとも言える 時代の器を見つめ、今を生 [ …続きを読む ]

    2021/11/24
  • 20211118112919009

    林 恭助展のご案内

    林 恭助先生は、美濃桃山陶の「黄瀬戸」を中心に魅力的な陶芸作品を制作するかたわら、 2001年に「曜変天目」の再現に成功されました。 日本の陶芸界のみならず、世界中から高く評価される先生の今回の個展は、 新しい試みとして [ …続きを読む ]

    2021/11/18
  • 20211108135827095-1

    Milestones 加藤孝造×伊藤慶二 のご案内 

    戦後から現在にかけて、美濃焼は様々な道筋を歩んできました。 この度の展覧会では、その道標として瑞浪市出身の加藤孝造と 土岐市出身の伊藤慶二を取り上げます。   日時:2021.11月20日(土)~2022.2月 [ …続きを読む ]

    2021/11/8
  • 加藤浜田企画展_DM_裏 (002) ①

    加藤 健と浜田 純理 展のご案内 

    生誕73年の同年の陶工加藤 健と浜田 純理の展示会です。 多治見工業高校窯業専攻科で同年のお二人は、 かたや苦節30年かけようやく今の形にたどり着いた”油揚げ手のスペシャリスト”へ。 かたや多くの [ …続きを読む ]

    2021/11/8
  • 林英樹

    林 英樹 陶磁展のご案内 

    岐阜県土岐市に生まれ育ち、美濃焼という大きな伝統を感じて過ごしてきました。 「何故つくるのか、何の為につくるのか」これからも考え続け、つくり続けたいと考えています。 私の作品を通じて、皆様とコミュニケーションをとることが [ …続きを読む ]

    2021/11/8
  • 玉置保夫

    玉置保夫と玉山窯展のご案内 

    美濃の名窯と呼ばれて百有余年 歴史に培われた秘伝が四代に継ぎその伝統が創り出す 今を代表する現代陶芸と侘びと雅の手造りのうつわをご感応ください   日時:2021年11月5日(金)~11月28日(日)    1 [ …続きを読む ]

    2021/11/8
  • 美濃陶芸&名古屋マリオットアソシアホテル

    美濃陶芸&名古屋マリオットアソシアホテルのご案内

    人間国宝から新鋭作家まで、総勢約80名の作品がマリオットに集結します。   日時:2021年11月5日(金)~11月7日(日)    10:00~19:00 (最終受付18:00) ※最終日 10:00~17: [ …続きを読む ]

    2021/10/18
  • アイキャッチ画像

    玉置 保夫 展のご案内

    2020年の秋の叙勲で旭日双光章を受章され、その記念として今回の展覧会を開催する運びとなりました。 ますます磨かれ、重なり豊かに拡がりゆく玉置芸術の、想いが創る「今」-不易流行-の世界を 是非ともご感応くださいますようご [ …続きを読む ]

    2021/10/12

美濃陶芸作家展とは

美濃にゆかりのある陶芸作家とその作品を紹介し、陶芸を観る楽しみ、
直に触れる喜び、そして手に入れる期待に胸ふくらませる「陶芸作家展」。

2006年に始まった本催事は、焼きものによる創作の可能性を求めて、
焼きものの一大生産地“セラミックバレー美濃”に全国から集まり、
活動するつくり手の作品を紹介してきました。

現在この地では、重要無形文化財保持者から新進気鋭の若手陶芸家まで、
幅広い年代と多様な作風の陶芸家が活躍し、陶芸を目指す全国の若者に
大きな刺激を与えています。

焼きものに関する人とモノが絶えず交わり、新たな風を呼び込むこの地では、
焼きものの世界で挑戦し続ける作家とともに、陶芸の可能性は、
さらに大きく広がっています。

受け継がれてきた伝統と革新が融合する美濃でしか成し得ない匠の逸品を
会場にてご覧ください。

開催概要

タイトル 美濃 陶芸作家展2022
会期 2022年5月2日(月)~5月4日(水.祝)
時間 午前10:00 ~ 午後5:00
最終日は、午後4:00まで
場所 セラミックパークMINO 〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5
入場料 前売料金300円、当日料金500円
SNS登録割引 当日料金300円
※高校生以下無料
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方、および付き添いの方(1名まで)無料

※予約方法等詳細はチケット情報をご覧ください。
企画内容 ・陶芸作家作品 展示販売
・酒器の展示
・作陶実演上映会(予定)
・お茶席    など
主催 公益財団法人セラミックパーク美濃
共催 中日新聞社(予定)
後援 公益社団法人美濃陶芸協会・美濃焼伝統工芸士会(予定)
協力 多治見市茶華道連盟・国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会
PAGE TOP