News & Topics

MoMCAサテライトミュージアム「岐阜県現代陶芸美術館名品選 ―うつわの美―」


岐阜県現代陶芸美術館 MoMCAサテライトミュージアム
 岐阜県多治見市にある岐阜県現代陶芸美術館は、近現代の陶芸を専門とする美術館です。英語名Museum of Modern Ceramic Art, Gifuの略称から、MoMCA(もむか)として親しまれています。
 MoMCAは設備改修工事のため2021年11月から2022年9月16日まで、休館することとなりました。この間、県内各地で当館コレクションをお楽しみいただける「MoMCAサテライトミュージアム」を開催します。

MoMCAのコレクション
 MoMCAでは、「陶芸の現代」をテーマに19世紀末以降を対象として、国内外の近現代の陶芸作品を収集しています。コレクションの範囲は、個人作家の陶芸作品はもとより、作家が少量生産する実用の器や、量産を想定しつつ、デザイン性や芸術性を追求する産業陶磁器も含みます。実用の器や産業陶磁器にも注目している点が、大きな特色です。2022年10月に開館20周年を控え、コレクションは2,000点を超えました。

岐阜県現代陶芸美術館名品選 ―うつわの美―
 可児郷土歴史館では、日本のうつわという切り口で、MoMCAの名品をご紹介します。いわゆる「人間国宝」(重要無形文化財保持者)をはじめとする、伝統的な作風の陶芸家たちは、古典的な伝統を踏まえた上で、新たな世界を切り開いています。また、日常のうつわに美の根源を求める「民藝」系の作家たちも、味わい深い成果をもたらしました。うつわにおける様々な美の探求をお楽しみください。

会期  :2022年6月18日(土)~2022年8月21日(日)
会場  :可児郷土歴史館 
開館時間:午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日 :毎週月曜日(祝日の場合は開館)および祝日の翌日
観覧料 :一般210円、
団体150円(20名以上)
     共通券310円(可児郷土歴史館、荒川豊蔵資料館、戦国山城ミュージアムの3館のうち2館を選べます)
     *無料 高校生以下の方、障がい者の方(手帳提示)と付添の方1名
主催  :岐阜県現代陶芸美術館、可児郷土歴史館

お問い合わせ:可児郷土歴史館 

〒509-0224 岐阜県可児市久々利1644-1 電話 0574-64-0211 FAX 0574-64-0238
メール kyodorekisikan@city.kani.lg.jp

関連催事

学芸員によるギャラリートーク  
 日時 :2022年6月19日(日)、8月6日(土)各日13:30~14:00 
 会場 :可児郷土歴史館
 *要入館料

久々利の土を焼いてみよう 野焼きの日
 可児市内の小学生たちが、可児の土を使って粘土をつくり、作品を制作しました。この日は授業で制作した作品を「野焼き」で焼成します。やきものが出来上がる過程を見てみませんか。
 日時 :7月2日(土) 9:00~15:00(時間内出入り自由)
     *雨天の場合8月6日に延期
 会場:可児郷土歴史館 裏庭
 講師:阿曽藍人氏(陶芸家)
 *学校・美術館連携事業の一環として開催いたします。
 *事前申込不要

MoMCAやわらかアート・ツアー  
 参加者同士の対話を通じて、さまざまな方法で鑑賞を楽しむツアーです。今回は地元ゆかりの陶芸家の作品を手に取ってふれる鑑賞も行います。
 日時 :2022年8月20日(土)14:00~14:45
 会場 :可児郷土歴史館 展示室
 定員 :10名
 *要事前申込、要入館料
 *詳細は可児郷土歴史館のウェブサイトにてお知らせします。

新型コロナウイルス感染症の拡大状況等により、変更が生じる可能性がございます。
最新情報は可児郷土歴史館のウェブサイトをご覧ください。

Pagetop