陶芸作家展 セラミックパークMINO

イベントの内容

陶芸作家作品の展示販売

美濃に現存する2名の人間国宝をはじめ、岐阜県重要無形文化財保持者、多治見市・瑞浪市・土岐市の各市指定無形文化財保持者などの重鎮から、次世代を担う若手まで140名を超える陶芸作家が出品する本事業のメイン企画です。

 

※全ての展示作品は、ご購入いただくことができます。

 

2016年の様子12016年の様子22016年の様子3sale04

※掲載写真は過去の本催事の会場風景です

陶産地交流企画

Future Generation展

東海3県で活動する次代を担う注目若手作家をご紹介いたします。

陶産地交流企画

美濃ぐい吞み展

個性溢れる‘ぐい呑み’作品が一堂に集う企画展。
各作家の色とりどりの作品に魅了され、少し贅沢な酒席を演出します。

 

※ご購入者には、もれなく地酒をプレゼント!

 

美濃ぐい吞み展の様子1美濃ぐい吞み展の様子2美濃ぐい吞み展の様子3美濃ぐい吞み展の様子4

フードコート

陶芸作品をご堪能頂いた後にちょっと一息。
地元名店の味をカジュアルに楽しめる空間をご提案します。また、若葉の美しい季節、水面に浮かぶ茶室にて陶芸作家の器でお茶をお楽しみください。

お食事(1F ホワイエ)

  • uosan
  • grandir
  • 仲田屋ロゴ
 

お茶席(2F 茶室 懸舟庵)

  • 呈茶券 500円

実演ステージ「産地間交流企画 若手作家の新たな挑戦」

これまで多くの陶芸家がその技を披露してきた人気の実演ステージ。先人から受け継がれてきた伝統の技や、若き感性より吹き込まれた現代の創作スタイル。個性豊かな作家が魅せる、普段見ることの出来ない創作の現場やその人柄をお楽しみください。

今回は初の試みとして、東海3県それぞれで活躍する若手を中心としたステージ構成となります。全く作風の異なる4組の作家の実演をお楽しみください。

 

実演ステージの様子1実演ステージの様子2実演ステージの様子3実演ステージの様子4

実演作家の紹介と開催スケジュール

  • 高山 大 5月3日[水・祝] AM11:00~ / PM2:00~

    M3_髙山大
    1972年 三重県津市生まれ
    1996年 近藤高弘氏に師事
    2001年 独立
    2002年 タンザニアにて土器の制作研究
      現在、国内外で個展・グループ展多数

     

  • 寺田 鉄平 5月4日[木・祝] AM11:00~ / PM2:00~

    A3_寺田鉄平
    1975年 愛知県瀬戸市生まれ
    1998年 東京造形大学を卒業
    2006年 朝日陶芸展 入選
      ユネスコ「The Blue of Samarkand」
      陶芸シンポジウム招待(ウズベキスタン)
    2009年 京畿世界陶磁ビエンナーレ 入選(韓国)
    2011年 第9回国際陶磁器展美濃 入選(多治見市)
      第13回東京・ニューヨーク姉妹都市交流陶芸コンテスト 佳作(ニューヨーク)
    2013年 「瀬戸陶芸の今 ニューエイジ5人展」(松坂屋名古屋店)
    2015年 「メイド・イン・愛知 工芸の架け橋」(古川美術館)
       
    銀座黒田陶苑、アートサロン光玄 他 全国のデパートにて個展
  • 山田 晋一朗 5月5日[金・祝] AM11:00~ / PM2:00~

    119_山田晋一朗
      多治見市陶磁器意匠研究所修了
      愛知県立窯業技術専門校卒業
    2012年 おおくて廃校プロジェクト企画立ち上げ
    2013年 土岐市に作品寄贈
    2014年 やきもの作家として初となる「レクサスコレクション」に選定
      陶芸シンポジウム招待(ウズベキスタン)
    2015年 ギャラリー芽楽
      山田晋一朗作陶展(’12、’14)
      書家 矢野きよ実氏と作品コラボ

     

  • ミノヤキセンパイ 5月6日[土] AM11:00~ / PM2:00~

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
      2015年に結成された岐阜県土岐市在住の若手陶芸家5人によるユニット。
    陶芸に関心がない人たちにも気軽に接してほしいという想いをこめて「ミノヤキセンパイ」と名乗る。
    美濃焼の聖地・岐阜県土岐市が初めて若手陶芸家をサポートしていることでも注目を集めている。
      ◎当日出演予定作家|アサ佳・岡村 宣治・竹下 努(他2名在籍)

PAGE TOP