対談「1960年代のアートシーン」 開催のお知らせ

「1960年代のアートシーン」
建畠晢(美術評論家、埼玉県立近代美術館長)
   ×
谷新(美術評論家)

12月2日(土)14:00‐15:30
セラミックパークMINO イベントホール
定員100名(先着順)
聴講無料
要事前予約 *10月21日(土)より申込受付開始!!
 


建畠(たてはたあきら)
美術評論家、埼玉県立近代美術館長
1947年京都府生まれ。早稲田大学文学部卒業。国立国際美術館長、京都市立美術館大学学長などを経て、現在、多摩美術大学学長。埼玉県立近代美術館長を兼任。全国美術館会議会長。ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、横浜トリエンナーレ、あいちトリエンナーレなどの芸術監督を歴任。詩人としては歴程新鋭賞、高見順賞、萩原朔太郎賞を受賞。

谷新(たにあらた
美術評論家
1947年長野県生まれ。1972年美術出版社の芸術評論募集で一席入選。以降主に現代美術評論を執筆。1982、84年ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、2000年韓国光州ビエンナーレのアジアセクション・コミッショナー、現在「水と土の芸術祭2018」(新潟市)の総合ディレクターなどを務める。1997年から2017年3月まで宇都宮美術館館長。

 
■申込方法  お電話(0572-28-3100)またはメール(momca2017event@gmail.com)にてお申し込みください。
*メールのタイトルには、イベントの開催日をご記入ください。
*メールにて以下の項目をお送りください。
 ①催事名
 ②開催日
 ③参加者名(複数名可)
 ④代表者の氏名、電話番号、住所
     
Copyright Museum of Modern Ceramic Art Gifu All Rights Reserved